音楽役立ち情報

◆テレワーク演奏(リモート演奏)の方法をシェアするよ!動画編集ソフトを使ったやり方も紹介【合奏・合唱もスマホでいける】

  1. 練馬区・新座市のArcoチェロ教室 >
  2. 音楽役立ち情報 >

◆テレワーク演奏(リモート演奏)の方法をシェアするよ!動画編集ソフトを使ったやり方も紹介【合奏・合唱もスマホでいける】

最近YouTubeで流行ってる「テレワーク演奏(リモート演奏)」をやってみたいんだけど、方法はどうやるのかな?テレワーク演奏動画のやり方が知りたいです。

こんな疑問に答えます。

こんにちは、チェロの森崎(@arcocello)です!
この記事ではテレワーク演奏のやり方や動画の作成方法についてシェアしたいと思います。

もりさき
パソコン持ってない方へ向けて、後半には「スマホで編集した実況解説動画」もあるのでお見逃しなく!

「テレワーク演奏(リモート演奏)」とは?

テレワーク演奏とは、演奏者が直接集まらなくてもインターネット上のやりとりで完結する演奏形態のことです。

テレワーク演奏のメリットは以下のとおり。

    • 感染症拡大防止になる
    • 自宅にいながら仲間との演奏が楽しめる
      うちで過ごそうstayhome
    • 自分が納得いくまでやり直せる(しくじりOK)

てなわけで私も波に乗ってやってみました。
こちらもサンプルとしてご覧ください。

こんなのがわりと簡単に作れます。

もりさき
ちょっと前の映画なんですが、「おくりびと」の主題曲です。もっくんの素晴らしい演技が思い出される😌

テレワーク演奏(リモート演奏)のやり方は?必要なものや編集方法まで

まずお伝えしたいのですが、同時には弾いてません。現在のインターネット速度ではどうしても遅延が発生します。
YouTubeで話題になってる新日本フィルの「パプリカ」とか高嶋ちさ子さんの「負けないで」も同じ方法で、メンバーがそれぞれ自宅で自撮りして合わせたんだそう。

もりさき
私はチェロ講師でして、現在はスカイプやZOOMを使ったチェロのオンラインレッスンもやっているのですが、やっぱ時差が出ちゃいます。ここは5Gがはじまったらどうなるのか興味深いところですな。

大まかな作業の流れは下記のとおり。

  1. みんなで自撮りする
  2. 動画データを集める
  3. 動画編集でミックスする

【前提】テレワーク演奏に必要なものはこれ

テレワーク演奏に必要なもの

  • ビデオカメラ・・・スマホでOK
  • LINEとか共有ツール・・・動画を送りあうのに使う
  • 動画編集ソフト・・・スマホアプリでもいける

1.みんなで自撮りする

演奏は以下どちらかのルールで録画しましょう。

  • テンポは「♩=〇〇でやろうね」みたいに絶対値で決めておく(少人数推奨)
  • 同じ音源を聴きながらそれに合わせて演奏する

YouTube見ると、みなさんイヤホンとかヘッドホンしてますよね。あれは音源とかメトロノーム(クリック音)聴きながら演奏してるわけ。
なので当たり前ですがテンポが変わらない曲(パプリカ、負けないでetc.)だとやりやすいです。

ただメトロノームって再生する機材とかで微妙〜〜にテンポの誤差が生まれます。
これが長い曲だったり人数が多い合奏だったりするとなかなか致命的なので、メトロノーム方式は少人数&短い曲がおすすめです。

もりさき
私はちょっとテンポが揺れる曲で作ったりするので、先にピアニストに演奏してもらって私がそれに合わせてます。

2.動画データを集める

iPhone同士で会えたらエアドロップ最強なんですけどね…
とはいえ今はStayHomeうちで過ごそうなので、LINEでよかでしょう(ちょっと音質画質落ちるけど)。

ただみんながLINEでつながってるとは限らないし、動画データが5分を超えるとLINEでは送れません。
そんなとき困ったらGoogleフォトが便利ですよ。

Googleフォトに動画データをアップロードして、共有URLを送れば大きいデータの動画でも簡単に共有できます。

3.動画編集する(編集アプリも紹介)

みんなで自撮りした動画データがそろったら、あとは動画編集ソフトを使ってミックスします。

私が使ってるのは「Final Cut Pro Ⅹ」ですが、3万くらいする有料ツールなので参考になりません。
というわけで無料ツールを紹介しますが、ありきたりのアプリで十分です。

  • Macユーザー・・・iMovie
  • Windowsユーザー・・・Filmora

この先で動画編集のやり方を解説しますが、プレイヤーの人数によって作り方が違います。

  • 2人バージョン
  • 3人以上バージョン

2人バージョン(すごく簡単!)

まずは2人バージョンから。こちらはすごく簡単。
私がMacユーザーなので、ここではiMovieを使って解説しますね。

iMovie立ち上げ→新規作成→ムービー

メディアを読み込む

読み込んだムービーをドラッグ

ビデオオーバーレイ設定の「スプリットスクリーン」を選択→画面が2つに分かれます

曲の出だしのタイミングをそろえる(ドラッグすればできる)

ムービーの終わりをそろえる

共有ボタン→「ファイル」で書き出し

完成→YouTubeにアップロード

 

3人以上バージョン(ちょっと手間)

次は3人以上の動画をミックスするやり方です。

黒か白の画像を用意

クリックすると画像が開くので保存して使ってね。
↓YouTube用に16:9の比率になってます↓

黒画像

白画像

iMovie立ち上げ→画像をドラッグ

演奏動画をドラッグ→ビデオオーバーレイ設定「ピクチャ・イン・ピクチャ」を選択→配置と大きさを自由に設定

いったん保存

できあがったムービーを取り込み→さっきの画像と置き換える

2人目の動画を重ねる(ピクチャ・イン・ピクチャ)

音のタイミングをそろえてムービーを保存

この流れ(動画を重ねる→保存)を繰り返して人数分をミックス

今回はてきとうに私の子どもたちの動画を重ねたらけっこうエモい動画になりましたw

iPhoneもしくはiPadのアプリ版iMovieでも作れます

こちら動画にしました!ご覧ください。

「けっこう大変だな・・・」と思った方は有料ツールがおすすめ

今回は無料ツール「iMovie」を使っての動画編集やり方を解説しましたが、お察しの通り人数が多いとめちゃくちゃ大変です。
なので「時間を買う」と思って有料ツールに投資したほうがいいかもしれません。

私は何を使っているかというとFinal Cut ProⅩというMac専用の動画編集ソフトです。
iMovieでは2つまでの動画しか重ねられませんが、このソフトならいくらでもOK。

finalcutpro10

無料トライアル版が使えるので、よかったら使ってみてください。

もりさき
ただ、Macパソコンじゃないと使えないのでご注意を。Windowsパソコンの方はこちらどうぞ!↓

Windowsの方にはアドビのプレミアプロ(Premiere Pro)がおすすめです!月額2,480円なので、動画を作って「もういいや」となったらやめればいいし、動画編集にハマったら続ければいいわけなので。
無料体験もできますのでお気軽に試してみてください♪

リモート演奏もけっこう楽しい!遠くの仲間とアンサンブルできる

こんな感じで、私はリモート演奏の動画編集を楽しんでやっています。
StayHomeの時期は終わりましたが、この機会に「昔の仲間とリモート演奏で合わせられる」という方もすごく多いです。

もしも動画編集がうまくいかない・・という場合はご相談ください。できる範囲になりますが、アドバイスなどさせていただきます!

ご相談はLINEからどうぞ↓
https://lin.ee/TBf1TOF

まとめ

今回はテレワーク演奏動画の作り方について詳しく解説してみました!

私はこれを口実に、「テレワーク演奏やろうよ」って昔の仲間に声をかけまくってます。
ほんと、こんな時でもおうちで上手に楽しく過ごしましょうよ♪

もりさき
あなたもぜひこの記事を参考にして、バンバンYouTubeに動画アップしてください。 それでは、StayHome!

(👇Twitterシェア・はてブお願いします・・・!👇)

オンラインレッスンを受けてみませんか?

「近くにヴァイオリン・チェロの先生がいない」
「レッスンを受けてみたいけど誰に頼めばいいか分からない」
「いきなり対面レッスンは緊張する・・」
「外出や対面レッスンはまだ自粛したい」

そんなあなたに向けて、オンラインレッスンを頑張って提供中です!
ぜひぜひ活用してください。お待ちしています♪

>>ヴァイオリンのオンラインレッスンはこちら

>>チェロのオンラインレッスンはこちら

-音楽役立ち情報

Copyright© Arcoチェロ教室 | 東京都練馬区/埼玉県新座市でチェロの個人レッスンを提供しています , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.