ヴァイオリンの知識

ヴァイオリンの弦には色々な素材・種類がある!選び方は?管理人のおすすめも紹介します

  1. 練馬区・新座市のArcoチェロ教室 >
  2. ヴァイオリンの知識 >

ヴァイオリンの弦には色々な素材・種類がある!選び方は?管理人のおすすめも紹介します

ヴァイオリンの弦ってどうやって選べばいいの?

ついに憧れのヴァイオリンを始めたものの、こんな悩みに直面していませんか?

ヴァイオリンの弦には色々な素材や種類がありまして、よく「好みで選ぶと良い」と言われますが始めのうちは好みも何もわからないですよね。
そこでこの記事では、普段ヴァイオリニストとして活動している私が次の2つを中心に紹介します。

  • ヴァイオリンの弦の種類、素材についての解説
  • ヴァイオリン初心者に合った弦の選び方

この2点を詳しく説明した上で、私のおすすめもお伝えします!

Arco編集部
さらに記事の後半では、ヴァイオリン弦の交換方法についてもご紹介します。 この記事を読めば、初心者がヴァイオリンの弦の選び方について知っておくべき知識が秒速で身につきますよ!

ヴァイオリンの弦にはいろんな素材・種類がある

ヴァイオリンの弦には、いろいろな素材や種類があります。

基本となるのは、次の3種類です。

  • ガット弦
  • ナイロン弦
  • スチール弦

さっそくそれぞれの素材や音色の特徴について、詳しく説明していきますね。

ガット弦

一番歴史が古いヴァイオリンの弦です。
価格的にも、高級弦のイメージがあります。

素材と音色の特徴は、次のとおり。

素材:羊の腸から繊維を取り出して乾燥させ、よじり合わせたもの
音色の特徴:柔らかい、豊か、あたたかみがある

Arco編集部
難点は値段が高いところ、切れやすく初心者には扱いづらい点です。 また、チューニングが安定しないという欠点も持ち合わせています。

ナイロン弦

現在において最もメジャーな存在であり、種類も豊富で人気のあるヴァイオリン弦です。

初心者にも扱いやすく、チューニングの安定性も高いです。

素材:合成繊維のナイロン
音色の特徴:ガット弦に似た柔らかな音色

Arco編集部
ガット弦とスチール弦の間のポジションを取る、いいとこ取りの存在です。

スチール弦

伸びにくいので切れにくく、チューニングがしやすいのが特徴です。
比較的安価で入手できるところもポイント高いです。

素材:金属の線
音色の特徴:音量が十分がある、クリアで明るい音色

短所は、音色が金属的で少し固いため表現力を高めにくいところです。

Arco編集部
ヴァイオリン弦の種類や特徴についておわかりいただけたところで、次からは私が初心者におすすめの弦を紹介します。

ヴァイオリン初心者におすすめの弦はどれ?

それぞれの弦について特徴は理解したものの、「でも結局どれが自分に合うの?」と迷う方もいらっしゃると思います。

Arco編集部
そこで私が今までご紹介したヴァイオリン弦に、おすすめ順位をつけました。 この順番で弦を選べば、初心者のあなたもきっと失敗しませんよ!

1位:ナイロン弦

私のイチ推しは、ナイロン弦です。

理由はズバリ、音色が柔らかく総合的に見て1番扱いやすい弦だから。
ナイロン弦は、ガット弦とスチール弦のいいとこ取りをしている商品なので、これを選んでおけば間違いありません。

2位:スチール弦

2番目にお勧めするのは、スチール弦です。

理由は価格が安く、入手しやすいから。
万が一途中でヴァイオリンから遠ざかることになっても、弦にかかる金銭的負担は最小限で済みます。

3位:ガット弦

ガット弦は、正直ヴァイオリン初心者のうちはお勧めしません。
理由はかなり高価で、かつ初心者には扱いづらいからです。
そのため、使うのは上級者になってからのタイミングでよいでしょう。

ところでバロック音楽ってご存知でしょうか?
教会などで使われる音楽で、有名なところだとバッハになります。
その魅力的な音色から、モダン楽器でもあえてガット弦を使うこともあります。

一度は使ってみたいガット弦。
ぜひバッハを演奏できるヴァイオリン上級者になって、ガット弦で演奏してみてくださいね!

私おすすめのヴァイオリン弦はこれ!【初心者向け】

ここでは、初心者向けのおすすめヴァイオリン弦の中から次の3つの商品をご紹介します。

  • エヴァピラッツィ(ピラストロ)
  • ドミナント(トマスティーク)
  • クロムコア(ピラストロ)

それぞれの特徴の紹介と、現在のAmazonでの価格帯(いずれも4弦セット)を調査しましたのでぜひ参考にしてみてください!

エヴァピラッツィ(ピラストロ)

ピラストロ社から販売されている代表的なナイロン弦です。
力強く豊かな音色が特徴で、ソリストにおすすめです!

現在のAmazonでの価格は、4弦セットで¥10,300。
※バラ売りあり

>>この商品をAmazonで見てみる

ドミナント(トマスティーク)

トマスティーク社から販売されているグローバルスタンダードなナイロン弦です。
湿度の変化に影響されることがないにもかかわらず、高級なガット弦に似た柔らかく豊かな音色を出せるのが特徴です。

現在のAmazonでの価格は、4弦セットで¥4,966。
※バラ売りあり

>>この商品をAmazonで見てみる

クロムコア(ピラストロ)

ピラストロ社から販売されているスチール弦です。
クロムスチールを使用しており、音量とパワーがあるのが特徴です。

このクロムスチールは硬度の高い特殊鋼であり、耐久性があるため比較的長期間使用することができます。

現在のAmazonでの価格は、4弦セットで¥4,882。
※バラ売りあり

ご紹介した3つの弦は価格にばらつきがありますが、ぜひ目的と金額があなたに合った商品を選んでみてくださいね!

>>この商品をAmazonで見てみる

ヴァイオリンの弦はどのくらいで交換するべき?

ヴァイオリンをしばらく使っていると、次に気になるのは弦の交換時期だと思います。

ヴァイオリンの弦の寿命は演奏する頻度によりますが、「切れないから大丈夫」と思ってそのまま使っていると音色がどんどん劣化してしまいます。
弦が切れやすくなり、たとえば本番中に切れたら大変ですよね。

プロの演奏家は2週間から1ヶ月ごとに弦を交換する方もいます。なぜかといえば、新しい弦は古い弦と比べて明るい音色で、メリハリがあるからです。
初心者はそこまでこだわる必要はありませんが、前回の交換から一年ほど経ったらメンテナンスの一つとして新しいものに代えてみるといいでしょう。

数年も使っていないヴァイオリンの場合は弦がサビついている可能性もあるので、やはり代えておくのがおすすめです。

Arco編集部
ちなみに、張り替えた弦はすぐに捨てずに大事に取っておきましょう。 もし練習中やリハーサル中に弦が切れて困ったら、応急処置として古い弦に張り替えて使うことができるので便利ですよ!

ヴァイオリンの弦を張り替える流れ・手順を動画で確認!

まとめ

今回は「ヴァイオリンの弦には色々な素材・種類がある!選び方は?私のおすすめも紹介します」というテーマでお伝えしてまいりました。

ヴァイオリンの弦は、初心者に限らずすべてのヴァイオリン奏者に必要なものです。
今回の記事でご紹介したように、ヴァイオリンの弦は素材や種類によってそれぞれ異なる特徴があります。

弦の種類を変えると、ヴァイオリンの音も劇的に変わります!
たまには弦を交換して音色をリフレッシュさせてみませんか?

Arco編集部
ぜひ色々な種類のヴァイオリン弦を使って、楽しみながらお気に入りの1品を見つけてください!

オンラインレッスンを受けてみませんか?

「近くにヴァイオリン・チェロの先生がいない」
「レッスンを受けてみたいけど誰に頼めばいいか分からない」
「いきなり対面レッスンは緊張する・・」
「外出や対面レッスンはまだ自粛したい」

そんなあなたに向けて、オンラインレッスンを頑張って提供中です!
ぜひぜひ活用してください。お待ちしています♪

>>ヴァイオリンのオンラインレッスンはこちら

>>チェロのオンラインレッスンはこちら

-ヴァイオリンの知識

Copyright© Arco音楽教室 | 東京都練馬区/埼玉県新座市で個人レッスンを提供しています , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.